【台数無制限インストール】McAfeeリブセーフの機能と特徴〜アンチセフトで紛失対策〜

ウイルス対策

こんにちは(`・ω・´)

突然ですがセキュリティ対策ソフトは何を入れてますか?

もしセキュリティ対策ソフトが入っていないならマカフィーがおすすめです!

今やパソコンやスマホの価格が下がって1人複数台持っているのが当たり前になってきました。

更に家族のことを考えると1台ずつセキュリティソフトにお金をかけるのは大変です。

自分と家族を含めて10台以上あるからお金がかかる!

サブ機でほとんど使わないから大丈夫

家族やお子さんがたくさんいる家庭には経済的に大打撃ですね。

確かにほとんど使わないようなサブ機にお金をかけるのは大変かもしれません。

そんな悩みを解決するのがインストール台数無制限の「マカフィーリブセーフ」です!

詳しくは以下の記事で解説します。

・マカフィーリブセーフは台数無制限

・パソコン、スマホ、タブレットに対応

・有害サイトブロック「フィルタリング」

・紛失しても安心の「アンチセフト」

マカフィーとは

1987年に創業者ジョン・マカフィーが設立しました。
その後、1997年に日本のセキュリティ対策会社ジェードを買収。
一旦、インテルに買収されますがその後に独立し今に至ります。

マカフィーは新しいマカフィーブランドを強く推し進めており、”力を合わせること” をモットーに掲げています。これはどんな優秀な人物や製品、企業であっても一人ではサイバー犯罪に太刀打ちできない。”団結こそが力だ!”ということなんです。

昔ながらの老舗のセキュリティー会社なんです!

マカフィー・ストア

マカフィーリブセーフとは

マカフィーが発売しているウイルス対策ソフトです。

パソコン・スマホに対応して個人情報やデータを保護するアプリケーションです。

ウイルス対策機能だけでなく、危険サイトの自動ブロック、ウエブ閲覧の高速化、位置情報の追跡、パスワード管理などのオプションがついており、まさにオールインワンのセキュリティ対策ソフトです。

マカフィーリブセーフは使いやすい!

マカフィーの管理画面
Mac向け管理画面

マカフィーのインターフェースは非常に見やすくて使い易いです。
システムが有効かどうか一目でわかるシンプルな表示です。

使い方に困ったり、アクシデントの際はアカウントタブにある「問い合わせ」から簡単にオペレーターとチャットまたは電話に繋がります

マカフィーリブセーフの対応端末

windows(7以降)、mac(10.12以降)、android(4.2以降)、iphone(10以降)に対応しています。
基本的にほとんどの端末を網羅しています。(2020/9/15現在)

マカフィー製品の利用者は無料でパスワードアプリが使える

マカフィー製品を購入したらぜひ使って欲しいのが「TrueKey」アプリです。
こちらはリブセーフと同様に無料で5台まで利用することができるパスワード管理アプリです。

ブラウザのアドオンとして使用するためパソコンやスマホでも簡単に使用できます。

・ID/パスワードを一括で管理!
・個人的なメモも安全に保管!
・クレカや免許証などのデジタルウォレットも管理!

子供を守るペアレンタルコントロール機能

子供たちの多くがゲーム機やタブレットでインターネットにアクセスしています。
「インターネットは繋げていないから大丈夫」は油断禁物です。
子供たちはWiFiのパスワードを調べてネットにアクセスしSNSなどを利用しています。
もし有害なサイトへアクセスしていたら大変ですね。不適切なサイトをフィルタリングして健全なインターネットを設定してあげましょう!

マカフィーリブセーフのダウンロード方法

マカフィーリブセーフは有料製品です。

公式サイトのマイページからソフトをダウンロードすることができます。

インストールのシリアルキーはその都度発行されますので紛失の心配がありません

リブセーフがインストールされたデバイスでウイルスの感染が認められた場合にウイルス駆除の専門家がウイルスの除去を行います。

もしウイルスの除去に至らなければ料金を返金してもらえます。

マカフィーリブセーフはインストール台数が無制限

マカフィーの売りは何と言ってもインストール台数が無制限ということです。
ご家庭で複数台の端末を保持するのが当たり前になった時代にまさに夢のようなサービスです。

マカフィーリブセーフを買うなら特別価格を狙う!

マカフィーリブセーフの3年版は通常価格だと16,785円です(2020年9月28日現在)。

ところがベクターDL版だと特別価格7,300円で購入できます(2020年9月28日現在)。

約半額の値段で非常に安く購入することができます。
どうせ買うなら安く済ませましょう!

ちなみに週末に割引セールをすることが多いです。

週末セールは以下より確認できます。

マカフィーリブセーフ特別価格

マカフィーリブセーフは複数のライセンスコードで有効期限を延長できる

マカフィーリブセーフは、購入したライセンスコードを登録することで有効期限積み重ねが可能です。

例えば、複数のライセンスコードを持っているなら以下のような計算になります。

「ライセンスコード(1年分)+ ライセンスコード(1年分)= 合計2年分!!」

複数のライセンスコードは「リテールカードの利用」で登録する

方法は至ってシンプルです。

まずは、マカフィーの「マイページ」へログインします。

次にマイアカウントにある「リテールカードの利用」をクリック。

マカフィーリブセーフ追加ライセンスコード1

25桁のライセンスカードを入力して、有効化したいアカウントのメールアドレスを入力します。

マカフィーリブセーフ追加ライセンスコード2

スマホが紛失したら? 追跡機能でデバイスを探知する方法

スマホを紛失してしまったり、どこに置いたか記憶にない場合に役立つ機能があります。

アンチセフト」によるデバイス探知です。

この機能はデバイスを紛失または盗難にあったときにデバイスの位置を調べたり、
端末を強制的にリセットしてデータを守る機能
が搭載されています。

実際にどのようなシステムなのかレビューします。

アンチセフトの設定

デバイス紛失や盗難に備えて設定をしていきます。

<⒈ 起動画面>


2019080901

シンプルで見やすい表示です。

本来な別々にインストールしなくてはならないアプリが標準搭載されています。

  • クリーナーアプリ
  • メモリ最適化アプリ
  • アプリロック

初回起動時にPIN番号の設定をしておきます。

PIN番号は端末設定を変更するときやデバイスを探知するときにも必要になります。

今回はデバイスが紛失してしまったと想定して「アンチセフト」をクリックします。


<⒉ アンチセフト画面>


2019080902

まず、はじめにアンチセフトの設定が必要になります。

項目はGPSの有効化、端末のロック、削除防止です。

これら3つはデバイスの位置情報と他人にマカフィー自体を勝手にアンインストールされないためにも重要な設定になります。


<⒊ アンチセフ詳細設定画面 1/2>

これらの設定は盗難にあったときに役立つオプションです。

基本的に全てONにしておけば良いです。


<⒋ アンチセフ詳細設定画面 2/2>

⒊の続きです。

必要だと思う項目にチェックを入れましょう。

デバイスの探索方法

ここからは実際にデバイスがどこにあるのか探してみます。

<⒌ マカフィーのマイアカウント画面>

まずはマイアカウントへログインします。


<⒍ デバイス情報画面>

インストールされている端末のタブをクリックすると、 上の画像のような情報が表示されます。
紛失したデバイス周辺の位置を表示してくれます。
もし表示されない場合は位置探知をクリックします。

<アンチセフトを利用した感想>

設定はワンタッチで行え何不自由なく終えることができました。
また今回の検証で実際の位置とは若干100m〜500mの誤差があることがわかりました。
しかし、端末ロックや遠隔撮影などの機能面の充実、そして位置情報が追えれば十分だと思います。5Gが普及すれば位置情報の精度が格段に上がるはずなので心配は無用かな。

マカフィー・ストア

根強いマルウエアは駆除ツールで削除

Stinger」は非常時に使用するマルウェアソフトです。DLはこちら

根強いウイルスは知らずのうちにシステム内部に感染していることがあります。
駆除しても繰り返し脅威が表示される場合に試して見て下さい。

マカフィーのホームページから無料でダウンロードできす。

マカフィーアカウントの削除について ~退会方法~

マカフィーアカウントを退会および削除する場合は、「お問い合わせフォーム」より申告すれば可能です。

アカウントIDを退会する際は「よくある質問」や「会員規約」に退会方法が明記されています。
大手サイト(Amazon、メルカリ、DMMなど)のIDやアカウントを削除する場合は、「退会・解約方法」のボタンが存在しますがマカフィーのホームページには退会方法が見当たりません。

マカフィーリブセーフをアンインストールする方法

Windowsの場合

アプリにマカフィーをクリックして「アンインストール」を選択する。もしアンインストールできなければ専用の削除ツールをダウンロード可能です。

Macの場合

Finderにあるアプリケーション内にある「マカフィー リブセーフ – インターネットセキュリティ アンインストーラー」から行えます。

・スマホの場合
アプリの管理画面からアプリのアンインストールが行えます。

マカフィーリブセーフはこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました